img

img

塗り替え時期の目安


img
img

外壁や屋根はもちろん、雨どいやベランダ鉄部の劣化も見逃せないポイントです。
ご自宅を一周まわってみて、ひとつでも以下の項目に当てはまることがあれば、塗り替えが必要かもしれません。
晴れた日の昼間に、一度よくチェックしてみてください。


img

img

外壁や屋根は風雨など厳しい環境にさらされています。築10年前後には、一度点検しておくと良いでしょう。
劣化が進む前に小規模な修繕をしておけば、結果的にメンテナンス・コストが安価で済むケースが多いようです。

外壁や屋根だけでなく、雨どいやベランダ鉄部などもよく見てみましょう。塗膜がはがれてサビが発生していませんか?

塗装は建物を守り、建物の寿命を延ばします。
塗り替え計画は、大切な建物を守るためにも必ず必要です。



外壁塗装の時期は、実際にお住まいの方の印象が
一番の目安となります。


1.外壁を触ると手に粉がつきませんか?
2.色は薄くなったように感じませんか?
3.コケやカビは気になりませんか?
4.汚れはひどくありませんか?
5.塗膜がはがれていませんか?
6.鉄部からサビがでていませんか?

img
ひとつでも当てはまる項目があれば、塗装が劣化している証拠です。建物自体の劣化の進行を早める原因となります。

高所の詳細チェックは危険がともないます。
塗装の専門家による早めの点検、早めの塗装が大切です


img

下地の素材塗り替え時期の目安
モルタル・色あせ、苔(藻)類の発生、
 特にひび割れがある
・チョーキング※1がある
・広範囲にヘアクラックがある

img
ALC/RC・合わせ目のシーリング材の
 ひび割、痩せがある
・色あせ、汚れ、苔(藻)類の発生、
 特に塗膜のひび割れがある
・チョーキングがある
・広範囲にヘアクラックがある

img
窯業系サイディング・色あせ、汚れ、苔(藻)類の
 発生、特に塗膜のひび割れがあ
 る
・チョーキングがある
・広範囲にヘアクラックがある
・合わせ目のシーリングのひび
 割れ、痩せがある

img
鋼板系サイディング・色あせ、汚れ、白サビ
(小さな粒のようなざらざらしたものが表面に現れる)がある

img
板張り/トタン・板張り:5年サイクルで定期的
 な塗り替えを推奨
・トタン:色あせや汚れの程度
 によるサビが発生したら、塗り
 替えが必要

img

※1 チョーキングとは
古いガードレールを触ったら手に白い粉がついたことはありませんか? 紫外線に長期間さらされるとアクリルやウレタンという樹脂が分解されて、塗装面に白い粉(顔料分)が浮いてきます。これがチョーキング現象です。
塗膜が薄くなっていることを意味し、表面から水分が侵入しやすくなります。


img

下地の素材塗り替え時期の目安
セント瓦・
モニエル瓦
・塗料のハガレ、苔や藻類の
  発生がある
注:モニエル瓦については、
施工の際の注意が必要です。
見積り依頼時に必ずご相談ください。


img
コロニアルなど新生瓦・塗料のハガレ、苔や藻類の
 発生がある

img
トタン
・塗料のハガレやサビの発生
 早めの塗り替えが肝要

img

img

▲ページTOP

Copyrights © 2010 eightknot co.,ltd.
all rights reserved.