img

img

塗装工事の流れ


img
img

ここでは現地調査から実際の塗装工事、引き渡しまで、一般的な作業手順をフローチャートでご紹介いたします。
見積書の内容や、塗装工事の作業手順をしっかり把握して、納得のゆく気持ちの良い工事にしたいですね。


img

➀塗装会社のコンタクト

まずは良い塗装会社との出会いが大切です。
「外壁塗装ナビ」では、お近くの塗装会社最大3社に無料で一括見積りを依頼することができます。
ご依頼いただきますと、お客様がお選びになった塗装会社の担当者から直接ご連絡が参ります。都合のよい日時を伝えて、現地調査の日取りを決めてください。

img

②現地調査

塗装工事は実際に現場を見てみないことには始まりません。現地調査は、塗装会社が詳細な見積りを提出するために大切な工程です。必ず複数社の担当者に現地に来てもらい、プロの目でしっかりと調査をしてもらってください。その際にそれぞれの塗装会社に工事の要望を伝え、分からないことはどんどん質問をして、要望に沿った提案をしてもらいましょう。

img

③見積比較

塗装会社より、現地調査の結果を踏まえた見積書が提出されます。塗装箇所や施工項目などをよく確認し、わからないところは何度でも納得するまで聞くことが大切です。

img

④塗装会社決定

塗料、工程、工期、費用など、一通りの説明に納得し、担当者とのコミュニケーションがなめらかに進むことを確認できたら、塗装会社を決定します。

img

⑤足場かけ

的確な施工と作業員の安全確保のため、まず足場を組んでいきます。洗浄水や塗料の飛散防止のため、メッシュネットなどで覆い、養生をします。

img

⑥高圧洗浄

ホコリや汚れ、苔などを洗い落とします。しっかりと洗浄をして、塗料と素材の結合を強いものにします。大切な下処理の一部で処理が不十分だと、塗り替え後の「ハガレ」など、不具合を起こす原因となります。


⑦下地調整

外壁や鉄部のサビやハガレ箇所を処理した後、下地処理をします。鉄部にはサビ止めの塗布から仕様書に添って仕上げを、外壁ではひび割れのシーリング処理やはがれた塗料の除去、サビ止めの塗布などを行い、下地の調整をします。


⑧塗装工事

下地調整後、仕様書に沿って下塗りから塗り重ねていきます。塗る回数は下地の種類や劣化の程度によって変わります。通常は下塗り→中塗り→上塗りの3回。
詳細は仕様書に記載されています。ホコリや汚れ、苔などを洗い落とします。しっかりと洗浄をして、塗料と素材の結合を強いものにします。大切な下処理の一部で処理が不十分だと、塗り替え後の「ハガレ」など、不具合を起こす原因となります。
⑨養生外し・仕上がり確認・お引き渡し

いよいよ工事完了です。
養生を外し、仕様書と照らし合わせながら仕上がりを確認します。この段階で、仕上がりなどで満足の出来ないところは業者と良く話し合い、必要なところは手直ししてもらうようにします。
最終チェック時に足場を解体します。ホコリや汚れ、苔などを洗い落とします。しっかりと洗浄をして、塗料と素材の結合を強いものにします。大切な下処理の一部で処理が不十分だと、塗り替え後の「ハガレ」など、不具合を起こす原因となります。

img

塗装工程
外壁塗装では、下塗り→中塗り→上塗りと、一般的に3回の工程を経て3つの塗膜をつくります。
各工程ごとに所定の時間乾燥させてから次の工程に移ります。

(1)下塗り:既存塗膜と新塗膜の付着性を高めます。外壁部ではシーラー、鉄部ではサビ止めを使用します。

(2)中塗り:下塗りと上塗りの付着性や仕上がりを良くする工程です。戸建住宅では、上塗り用の塗料と同じものを使用することが多いです。

(3)上塗り:最終仕上げで美観を高めます。表面に模様をつけることも可能です。

塗装断面

img

▲ページTOP

Copyrights © 2010 eightknot co.,ltd.
all rights reserved.